韓国カラコンって安全なの?購入する時の基準と注意点について

韓国カラコンの口コミやレビュー記事を見てきましたが、一番気になるのは、その安全性ですよね。

カラコンは、日本でも最初は雑貨扱いだったので、粗悪なレンズも出回ったりしました。

健康被害などが出たことから、その後、薬事法が改正され、今では、カラコンと言えども、医療用のコンタクトレンズと同じ安全基準になっています。

ただし、これは、日本で承認済みのカラーコンタクトレンズの場合です。

日本の通常の手続きを得て、承認になっているカラコンについては、高度医療機器承認番号が記載されるようになりましたよね。

フォーリンアイズエンジェルカラーなども、もしかしたら韓国製や台湾製かもしれませんが、現在では、高度医療機器承認番号が記載されています。

つまりは、日本国内での通常の手続きを得て、厚生労働省により承認されている、っていうことです。

こういったカラコンなら、普通のコンタクトレンズと同じような感覚で買うことが出来ます。

問題は、日本でまだ承認を受けてないカラコンです。


未承認のカラコンを買うなら自己責任で


そもそも、医療用のコンタクトレンズでも日本製は少なくて、海外製の方が多いくらいなので、一概に国産の方が安全、とは言えないと思いますが、法律上、日本で承認を受けていないカラコンを買う場合は、自己責任で、と言うことになります。

厚生労働省のホームページでは、未承認のカラコンを購入しようとされる方へ、っていうことで、次のように呼びかけています。

カラコンを海外から購入しようとされる方へ
医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります…

つまりは、日本国内でチェックしたものではないので、いろんなリスクがありますよ、っていうことですよね。

これは確かにその通りなので、安全を第一を考えれば、欲しい韓国カラコンがあっても、買うのを控えるか、日本で承認されるのを待った方がいいと思います。


自己責任でもいいので、買いたい方へ


自己責任でもいいので、韓国カラコンを買いたい、っていう方へ、一応、目安を書いておきます。


コンタクトレンズは、目の健康を損なう場合もあるので、世界の各国では、日本と同じように安全基準を設けています。

図では、韓国のカラコンを買おうとする場合に、よく出てくる規制当局をまとめました。

KFDA(韓国食品薬品安全庁)は、韓国国内での規制当局です。

例えば、カラコンランドさんなんかは、KFDA認可済み、って謳っていますよね。

FDA(米国食品医薬品局)は、アメリカでの規制当局です。

ヨーロッパの安全基準をクリアしたものについては、CEマークが付いています。

そして、日本は、高度医療機器承認番号っていう感じですね。

それぞれの国の検査内容については以下のPDFファイルを参照して下さい。

おしゃれ用カラーコンタクトレンズの海外規制調査について
独立行政法人製品評価技術基盤機構による調査資料(平成20年7月10日)

※流れとしては、この調査なども参考にしつつ、日本でもカラコンの安全基準が医療用コンタクトレンズ並みに引き上げられた、っていうことだと思います。


韓国製のカラコンでも、KFDA認可のもの、さらには、CEマークがついているものもあります。

自己責任で買う場合でも、出来れば、そういった基準をクリアしているものかどうかを確認して、より安全性の高いカラコンを選びたいものですね。

(ただし、認可されていると謳っていても、記載そのものが虚偽の場合もありますので、くれぐれもご注意を…。)

ではでは、次は、日本製のカラコンってあるの?っていう話です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。